還暦祝いでバラを贈る

昨年、私の母が還暦を迎えました、還暦は人生の節目なので何か心に残ることを行いたいと思い妹と相談して温泉旅行に家族で行くことにしました。

旅行の他に何かもう一つ思い出に残る物を贈ろうということになり、それならお花を贈ろうということに、何故お花を贈ろうということになったのかと言いますと、私の母は大の花好きで趣味はガーデニング、暇がある時は庭の花を育てることに時間を費やしています。

しかし還暦にお花を贈ると言ってもどんなお花を贈れば良いのか正直迷いました、私も妹も花に関してはまったく疎いのでどの花が良いのか見当もつきません。

そこでまずは母の花の好みを還暦祝いの前にさりげなく探ってみました。

そこでわかったことは母の一番の好きな花がバラということ、その母の好きなバラをメインにして花を贈るのはどうかということになりました。

さっそく花屋に具体的な還暦祝いでバラの花は相応しいのか聞いてみると、還暦祝いでは赤いバラを贈る方が多いということがわかりました。

赤という花は力強い色、還暦祝いにとても相応しいということなので贈る花は赤いバラに決めました。

しかし、赤いバラ一色よりも他の色を混ぜて少し華やかにしたいとも思い相談してみると、赤と白のバラを混ぜて贈ることを提案されました。

確かに赤いバラと一緒に白いバラも入れると紅白になり縁起が良いと思い紅白のバラを贈ることで決定しました。

そして還暦祝いの旅行を楽しみ、丁度還暦旅行から自宅に帰った頃に還暦祝いの花が届くように注文しました。

旅行を楽しんだ後のサプライズプレゼントに母はとても喜んでくれたみたいで本当に良かったです。

還暦祝いに花を贈る、このプレゼントは今でも思い出に残っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA