新築祝いの定番なら胡蝶蘭

胡蝶蘭の花言葉は「幸福が飛んでくる」です。新築祝いになぜ胡蝶蘭を贈るのか、理由はここにあるようです。しかも花束はいけませんが、胡蝶蘭なら毎年咲く鉢植えと言う事で選ばれています。新築の家とともに一緒に末永く、毎年、花が咲くたびに住み始めた時の事を思い出すことが出来るので喜ばれています。贈る際に注意しなければならない事があります。赤い色を避ける必要があります。なぜならば、赤は火事を連想させる色だからです。やはり家と火事は結びつけてはいけません。お花をラッピングする事が考えられますが、その場合は、先方の好きな色であっても赤いラッピングは避けなければなりません。胡蝶蘭の種類は豊富なので、それについても悩まれるかと思います。法人に贈る場合は豪華で高級なものが良いかと思います、大輪系のような大きなはなびらが良いと思います。個人には、小さな花びらでかわいらしい物も適しています。白、ピンク、黄色があります。その方のイメージを考え、送られたら良いのではないのでしょうか。お値段は、1万円以下の物から5万円を超える物までありますので、どのような関係や立場の人に贈るかで決めたらよいです。立札の書き方やメッセージカードなどもありますが、お花屋さんで相談出来ます。お友達ならメッセージカードをつけておくと喜ばれます。購入するお店は産地直送便もあります。信頼できるお店を選んでデリーケートな花ですので配送してもらったら安全です。その場合は写真をメールで送ってくれる事がありますので、自分でも確認できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


胡蝶蘭について